マンション売買に必要なスキルやノウハウ

離婚するのでマンション売却します

 

結婚生活5年、離婚することになりました(^^;

 

お見合い結婚だったのですが、結婚することに焦ってお互いの事をあまり知らずにスピード婚をしてしまいました。

 

その結果、価値観が全く違いますし、ほとんど同居人状態になったので、
夫婦で話し合って離婚することになりました(^^)

 

でもそれなりに情もあり、ある部分では似ているところもあるので、友達としてやっていくかもしれません。

 

泥沼離婚とかそういうのじゃなくて、本当に良かったです。

 

私も夫も高収入ですし、離婚しても困ることはありません。

 

今住んでいるマンションを売却することになるのですが、インターネットで色々と調べています!!

 

まだ新しいマンションですし、けっこう高く売れるのではないかと思うのですが・・・。

 

夫はマンションを売却したお金は私に全部くれると言うので、できるだけ高く売りたいですね(^^;

 

もう結婚しなくても良いかなぁと思いますが、しばらくしたら一人身が寂しくなるでしょうか。

私がマンションを売却に至った経緯

私は、いまマンション住まいなのですが、ちょっと事情があって別のマンションに引っ越そうと思っています。
私の友人たちからは、なんであんなにいいマンションを買ったのにわざわざ引っ越すのか、と色々と質問されましたが、もう決めたことなのでしょうがありません。
私がマンションを売却して別のところに移る理由というのは、些細な理由が積み重なったということです。
私は今、ダイエット中なのですが、近くのとんかつ屋さんのにおいが漂ってきて、ダイエットに集中できないというそんな他愛のない理由だってあります。
でも、私はどちらかというと、とんかつ、特にカツ丼には目がないので、結構由々しき問題だったりするのです。
なにはともあれ、買った当初よりもマンションの値段が値上がりしているという都合の良い話は無いと思うので、ある程度の値下がりは覚悟しています。
ここは、人生のターニングポイントだということをしっかり認識してポティシブにとらえていくのがいいと思うのです。

外壁塗装を業者に任せるべき理由

外壁塗装には、2種類のやり方があります。自力で塗装を行う方法と、業者にその塗装をお任せする方法です。
その2つの方法には、費用に関する違いがあります。前者の自力の方法の場合、業者におまかせをするよりは費用はリーズナブルになるかと思います。業者の場合は、若干割高な傾向があるのです。
ですので費用だけを考えますと、自力で塗装を行う方が良いと思われるかもしれません。しかし実際に自力で塗装を行った方によると、「業者に任せる方が良い」そうです。
その理由ですが、手間です。そもそも外壁塗装は、とても難しいものなのです。上記の方は、自力の塗装にはかなり苦戦をしたそうです。
しかも塗装は時間がかかります。何日間も時間をかけて塗装を行っても、上手く行かなかったそうです。ですので結局その方は、業者におまかせをする方が賢明だと思ったそうです。
ですので手間と時間と技術などを考えると、やはり業者に塗装をお任せをする方が良いのかなと思います。

土地売買が複雑化する理由

土地売買を行うのは本当に大変なものです。いくつもの段階を踏むことにより初めて契約が可能となるのです。商品の売買は誰もが日常的に行なっていることですが、土地売買を契約する経験などそうそうあることではありません。いくつかある売買契約の中でも、取り分け土地売買は特殊な事情を抱えているのです。
土地とは、地面に足をつけることのできる陸上のことを指します。田畑、山林、住宅地などが当て嵌まり、地球上の土地は全て人間が管理しています。人間が暮らす上で都合のいいように国が代表となって取り纏めを行なっているのです。
国が代表になる理由は、人間が好き勝手に土地を開墾させないようにするためです。個人のわがままがまかり通らないように一定の制限を設け、登記簿という形で所有者を明確にしているのです。
このように土地を所有することは、管理者としての責任を問われることになります。このことが土地売買を複雑にし、気軽に取引きすることのできない仕組み作りへと繋がっているのです。

マンション売買時には不動産業者が大切

マンション売買時には不動産業者と良好なコミュニケーションを取る事がポイントです。
ノウハウやスキルを持っている不動産業者からはマンション売買時にアドバイスやサポートを受ける事が出来ます。
不動産業者の得意分野はさまざまである為、マンション売買に必要なスキルやノウハウを持っている不動産業者を見極める事が大切です。
一つは不動産業者のウェブサイトを見る事です。
不動産業者の名前が判明している場合には名前で検索を行い、名前が不明である場合やまだ依頼する不動産業者を決めていない場合にはエリア名と不動産業者でワード検索を行う事が望ましいです。
主に取り扱われている物件を知る事が出来ます。
一つはチラシや物件情報誌等に記載されている物件種類の確認を行う事です。
中古マンション物件の売買情報が比較的多く掲載されている場合、マンション売買を委託する選択肢の一つとする事が出来ます。
一つは不動産業者の店頭まで足を運ぶ事です。
不動産業者の店頭には多種多様な物件情報が貼られています。
目立つ処に貼ってある物件情報に貼ってある物件情報をチェックする事によってマンション売買に力を入れているか推測する事が出来ます。