murphyformaryland.com

土地売買が複雑化する理由

土地売買を行うのは本当に大変なものです。いくつもの段階を踏むことにより初めて契約が可能となるのです。商品の売買は誰もが日常的に行なっていることですが、土地売買を契約する経験などそうそうあることではありません。いくつかある売買契約の中でも、取り分け土地売買は特殊な事情を抱えているのです。
土地とは、地面に足をつけることのできる陸上のことを指します。田畑、山林、住宅地などが当て嵌まり、地球上の土地は全て人間が管理しています。人間が暮らす上で都合のいいように国が代表となって取り纏めを行なっているのです。
国が代表になる理由は、人間が好き勝手に土地を開墾させないようにするためです。個人のわがままがまかり通らないように一定の制限を設け、登記簿という形で所有者を明確にしているのです。
このように土地を所有することは、管理者としての責任を問われることになります。このことが土地売買を複雑にし、気軽に取引きすることのできない仕組み作りへと繋がっているのです。